カテゴリ:travel( 33 )
いざ、インドネシアへ!?
と言いたい所ですが、当分そんなことないです。
でもそんな私に嬉しい情報。と言っても大分前に仕入れた情報ですが・・・

なにかとお騒がせなNHKですが、語学をTVで学ぶには欠かせないNHK。
アジアの言語といえば中国語やハングルの講座は前からありますが、
この春からそのほかのアジアの言語講座も始まりました♪

その名も、
アジア語学紀行
 ~バリ・旅するインドネシア語~
b0002125_22464385.jpg

他の講座と違って、1回5分ほどの講座ですが、週3回もあるし、
期間も約1ヶ月だけど、逆に集中できるかも!?
英会話もやっていきたいけど、ラジオの調子が悪いので、
アジア言語をマスターしてみようかな?
英語にプラスアルファで現地語を話せたほうが旅を楽しめるだろうしね!?
[PR]
by asiancrazy | 2005-04-16 22:37 | travel
年末年始はいかがおすごし?
インドネシアの気になるニュース、西ジャワへのツァーキャンセル相次ぐにTB。

アジでもここ数年公式でインドネシアに行くことはありません。
やはり、すこしでもテロがありそうな国には大学も許可出せません。
もちろん、その前に私たちのなかで「今年もなしで」となりますが。

インドネシアにいる先輩もいることだし、行ってみたい国ではあるけど、
あまりに知識が乏しすぎて個人で行くにはかなりためらわれる。
でも、アンコールワットに行ったからにはボロブドゥールも人生1度は見てみたい。

話は今日のできごと。
1年ぶりに茶髪にしました。
思い切りやりすぎてこのままじゃ4月入社できません(笑
とにかく、美容室で髪を洗ってくれた人に「卒業旅行しないの?」と聞かれました。
イタイこと聞くなよ、と思いながらもありのままに旅行に行けなくなった旨を話しました。

そしたら、「そりゃ、親は止めるだろ」とあきれられました。
アジア未体験の方にはやはり危険な香りたっぷりなのでしょう。
危機感がなくなってるってことよね、わたし。あぶなーい>_<
就職先が営業なのでこれから車校に通わなければなりませぬ。
やはり4大時代に行くことはもう難しいかな。
ってか諦めてなかったのか。

会社に入っちゃえば有給なんてたかが知れてるし、
やはりロングに行けるとしたら大学院進学を勝ち取れてからでしょうね。

さて、タイトルのおはなしをさせていただくと、
わたしは地元に帰らず、東京でおせち作ったりして過ごします。
なんとなく、旅行のこともあるし、大人気なく反抗の気持ちもあるし、
ただ、単純にタイ往復とほぼ同額の福岡までの往復運賃を払いたくないのであります。
↓写真は福岡のデートスポット「ベイサイドプレイス博多埠頭」↓
b0002125_22571871.jpg













よろしかったらエイッっとクリックしてあげてください♪
↓↓↓↓↓

[PR]
by asiancrazy | 2004-12-22 22:58 | travel
未知のマレーシア
アジ仲間のわかさんのblog「HARI-HARI ARAMAI TIE !」のウルルン滞在記にTB。

昨日はアジのMLで「今日のウルルンはマレーシアだよ」というのが幾度も(多少しつこく笑)入ってまいりました。
マレーシア、シンガ・タイに行ったことあるのに訪問回数ゼロです。
マレー鉄道で通りたいと「深夜特急」を読んだときに思ったものです。
そして2年前の新年にツインタワーからパラグライダー?で降りてきた西洋人が
「2001年から2002年に飛び降りたんだぜ~」とアホな発言してたのを見て
私もKLでカウントダウンしたいなーと思い始めて、
少しずつマレーシアへ思いを馳せ始めたのでした。
b0002125_1731912.jpg

そして、今度それを実現してきます。
誰かも言ってたけどアジア人って世界一高い、とか好きだよねー
私の地元にも当時日本一高いビルとか言ってホテルが建ったことがあります。
数ヶ月で記録は破られたけど・・・
ペトロナスツインタワーというと中はガラガラとかよく聞きますが、現世界一はどうなんでしょ?
東京タワーでさえ先日航空機のニアミス事件があったのに
バキっと折れそうになったりしないのかしら・・・
世界一競争を続けるアジア人におめでたさを感じるものの、
そのめでたさがなかなか好きな私。
マレー鉄道で移動することはなさそうだけど、どんな景色が私の目に映るのか楽しみです。

さて、わかさん主催のマレー語講座。
アジではマレーシアへの留学生が私の知る限り尽きたことがなく、
毎年誰かが必ずマレー語講座をやってます。
受けてみたいと思いつつ、いつも受けれず。そしてまったくしゃべれないまま。
今度行くときまで一通りの挨拶くらいはできるようになりたいわぁ。

よろしかったらエイッっとクリックしてあげてください♪
↓↓↓↓↓

[PR]
by asiancrazy | 2004-11-22 17:04 | travel
ちょっと一息の旅行準備メモ
MINH                                           
ホーチミン 199/22 De Tham ST Dist 1                
S:3$~ 安宿が集中するフォングーラオにあります。アットホームな雰囲気で果物やジュースのサービスがうれしい。フォングーラオ周辺は普通の民家の1室をゲストハウスとして提供して営業しているところが多くあります。値段も安く(3~5$)、雰囲気もよくおすすめです。
http://homepage1.nifty.com/backpackers/south-east-asia.html


ラオスではなくホーチミンに行く可能性も出てきたので、チェック。
フォングーラオって実際どうなんですかね?
行ったことある人いらっしゃいましたら情報よろしくお願いします。

一気にいろいろ回ろうとしてるので情報収集がすごい大変。
っていうかそれよりしなきゃいけないことが一向に片付かない(泣。
そして、旅のこういう準備が楽しくてしょうがない。あぁ~、たのし☆

さて、勉強に戻ります(キリっと)。でも、かかってるのはタタヤン。


よろしかったらエイッっとクリックしてあげてください♪
↓↓↓↓↓

[PR]
by asiancrazy | 2004-11-20 03:01 | travel
ラオスか、ベトナムか
2年ほど前「恋するラオス」という番組が深夜に単発で放送されてました。
なんじゃこら、ととりあえずぼーっと観ててすっかりラオスに魅了されました。
後日、アジの子達でこんな番組あってー、と言ったら自分も見たよー!との声が!
一致して言ってたのはラオスはイケメンが多いね、と。少なくともその番組で映る人たちは。
そこでもう私たちは「ビエンチャンいきたーい」と叫び始めました。

でも、そこから月日も経ち、もちろん行ってみたいんだけど
空から見たホーチミンの夜景が忘れられなくてベトナムにも行きたい。
アジアが好きな女の子なら一度は憧れるベトナムでは?
ビザもいらなくなったしね(15日以内)
しかし、スケジュール的にはベトナムに行くのがちょっとむずかしめ。。。

b0002125_11214920.jpg
そこで、ラオス政府観光局とかチェックして私はようやく知る。「ルアンパバーン♡」って。
何もないよーとか、ぬるいビアラオとか聞いてて
観光には一切期待してませんでしたが、って今もそこまで。。。だけど
すごいラオスという国に取り憑かれそうです。

*******************************************************
今回この記事を書くにあたり、yasuda_noriyukiさんblog「バックパッカー日記」に
TBさせていただきました。
バンビエン気になるぅ~♪
*******************************************************

[PR]
by asiancrazy | 2004-11-13 11:27 | travel
復活というより。
相変わらず、というかますます余裕のないasiancrazyです。
ただ、旅の準備を同時に進めていくためにもこちらをしばらく、メモ&質問コーナー化します。

とりあえず、いまは陸路の移動ビザをどこで取得するかが問題。
今回の旅ではじめてカオサンを有効に使うことになりそう。
必ず行くだろうは
タイ(BKK)・・・ここから出入りするからね。
カンボジア・・・あろうことか私が少し引っ張る役になるそう(怖すぎ)
         もういちどアンコールに帰ります。そして、アンコールビアに酔います。
ミャンマー・・・留学してる友に会いに行きます。
マレーシア(KL)・・・ここでカウントダウンする野望を持ってましたからね。
             悲願ついに叶う!?
です。
あとラオス、ベトナムに行くかな。行けるのか。金はどうなるのか・・・。
それと、シンガまで行けるのならインドネシアに入ってしまいたい。

さぁ、あとはここをリアルタイムで更新しようとは思ってるけど、
写真、これってどうなんでしょう?
わたしはネットカフェのお世話になるけど、カフェのPCって写真落とせるの?
前回まではデジカメなかったし、写真送る必要もなかったからなぁ。

そんなわけで
[PR]
by asiancrazy | 2004-11-11 21:36 | travel
ドラマの名所といえば!?
先日、とうとうアジの同期で最後の出発者がミャンマーへ旅立ちました。
しんみり&つかみ所のない期待感。
わいわいと車で成田まで見送りに行きましたよ。
全然違う話でも盛り上がりながら(笑)

さて、成田に着きまして今回も少しばかりこのまま旅立っちゃいたい衝動にかられながらその子のもとへ。
親御さんもいるのにぎゃんぎゃんはしゃいでました。
どんどん見送り人は増えていくしスタバで記念撮影はするし、ナゾ行動の多い我々だったでしょう。
さて、ここからがタイトルに沿った話です。
さぁもう時間だからといよいよゲートへ向かってるとき私の視界の端に衝撃シーンが!!
旅立つドイツ?の男性と見送る日本人女性が熱~いキスを繰り返しておられました。
抱擁とキスを繰り返し、女性は今にも泣き出しそう。
で、勝手な判断なんですけど、相手の男が絶対遊んでるかんじなんですよね!その女性のもとにもう帰ってこないんではないかという。
勘でこの人は女の敵!!!!!とジャッジしてしまいました。
しかし、私は友人の見送りのほうが大事なのでそちらに意識を戻し、またそのへんで写真撮影しまくってました。歩きながら。
で、その二人を挟んで「じゃーね!じゃーね!」と惜しみながら別れていきました
はぁ、いっちゃったね、と気が抜けてたとき、後輩がポツリ。
「あの二人(もちろんその二人)が写真に入ってそうな気がする・・・」
なんだ、もしかしてみんな気になってたんじゃん。

別に23歳にもなれば、きゃーなんて言いませんけど、
でもやっぱ日本ってそういうシーンは日常では似合わないし、
できれば出くわしたくないと思うのであります。

がんばれ、みんな。
b0002125_216280.jpg

[PR]
by asiancrazy | 2004-09-12 02:14 | travel
大好き☆空の旅
b0002125_22425139.jpg
わたし、たしかに旅行好きですけど
旅行雑誌っていっても一線画して見てました。
特に右のエイビーロードはなんとも美味しそうに(笑)
旅を薦めてますがこんなゼータクできないよっ!と
街で見かけても手に取ることはありませんでした。

ところが今回の特集はな、なんと!
読者が選んだエアライン・ランキング2004
まぁ~ステキ~見なきゃと思いながらなかなか見てませんでしたら
昨日ようやく見てしまいました☆

いろいろカテゴリ別にランク付けしてるんですが総合的には・・・シンガポール航空でした。
でも、この特集の面白いところはなにかしら上位にランクされてると、
読者からのクレームもあるんです。だからSQも!クレームが・・・
なになに?「日本人の客室乗務員がやたらツンケンしてる」そ、そうかなぁ・・
       「機内食が期待してただけにショックだった」・・・わかる!
やはりトップに輝くとそれなりに厳しい目で見られるものです。
しょうがないよね。がんばれ、SQ!

で、近年、徐々にランクを上げてきてるのが日本アジア航空なんですって!
あの、金城武と志村けんが台湾のCMやってるあの航空会社ですよね?
サービスの面ですごく健闘してた気が・・・いつか乗ってみたいものです。
サービスといえばその部門でスカンジナビア航空が1位に。
一瞬スカンジナビアとはどこぞや、と地理感覚が麻痺してしまいましたが、
読者いわく北欧の雰囲気もステキでよいらしいです。アジアにどっぷりなうちは縁ないな・・
[PR]
by asiancrazy | 2004-08-24 22:42 | travel
世界制覇!!!!!


rotaさんのCafe De Bangkokから訪問国数14カ国、6%をトラバ!
visited countries-World66で自分の訪れた国をチェックしていき
最後に"Generate map"のボタンをぽちっと押すと白地図が塗られます。
私の場合、 visited 7 countries (3%)ですと。
いや、ちょっとズルしてます、実は。ベトナムはほんと経由でしかない・・・
でもベトナムの空気は十分感じたのでいいだろうと。いけません。

あぁ~、ほんとはもっと旅したいよ~!!
世界史とってた私としてはヨーロッパのルネサンスの芸術とか生で見てみたいし
中南米でへべれけになってみたいし(笑)
北欧でオーロラも見たい!
カナダに住んでみたい!
でも現実は日本でまだまだもがいてる学生です。
[PR]
by asiancrazy | 2004-08-21 02:37 | travel
クメール伝統織物研究所
カンボジアぢかたび日記:第3回 機内で国際織姫に出会う(矢倉 久泰)
(毎日新聞7月30日記事)

この記事を見て自分もクメール伝統織物研究所を訪れたときのことを思い出しました。
なので今回は新聞からリンクをいただいてながらカテゴリーはtravelです。
正直なところ、旅する前はカンボジアにはアンコールワット以外何もないと思っていたので
ここを訪れることに期待するものはなかったのですが、・・・ガツンときましたね。

カンボジア内戦のあいだに文化が絶滅同然となってしまい、それは織物文化もそうでした。
所長の森本喜久男氏が立ち上がり文化の復興を目指しました。
クメール織物は科学染料を使いません。染色の様子も見せていただけたのですが、
植物はもちろんのことなんと内戦で使われた銃まで液体に浸かっていました。
鉄で染まる色はなんとも不思議な美しさでした。
文化を壊した銃が文化を蘇らせる、なんとも皮肉なことですね。

働く人たちはみな女性です。
手に職をつけることで女性のアイデンティティの確立のきっかけにつながるんですね。
隣の建物には子供たちがいて絵を描いたり勉強したりしていました。
女の子が子犬と遊ぶ写真があったのですがスキャナがないためアップできず(泣)
カンボジアの地で子供らしく遊ぶ子供を見るとほっと安心してる自分がいました。
[PR]
by asiancrazy | 2004-08-06 16:10 | travel