ポル・ポトの墓が観光資源に。
しかもポル・ポトの墓です。
2004/12/19/09:23 読売新聞の記事ポル・ポトの「墓」、観光資源にを見つけました。
b0002125_284638.jpg


私自身はカンボジアでもアンロンベンには行ったことがなく、
私が行った次の年にアジの後輩たちが行ってきました。
詳しい話を聞いたことがないのですが帰ってきてからの彼らの行動を見る限り
相当に影響を与えた場所であったのでは・・・

タイ国境が新しく開いたことによりここを訪れる人が一気に増えたとのこと。
そして周辺の設備をさらに整備すると・・・不安です。
何が不安って、うまく伝えられないんですが、
日本にも原爆資料館があったりして平和について問う施設はあります。
もちろんアンロンベンもうまくいけばそうなるでしょう。

しかしアンコールワット周辺のクメール人を見てると不安になるのです。
彼らの歴史を周りがはやし立てることによって、
ただの商売道具に成り下がってしまうのでは?と考えてしまうのです。
彼らの多くが安定した職に就けず、少しでも儲けのある商売にありつこうとする。
それは人間生きてる以上当然だと思う。

でもカンボジアでも流れをいくらでも変えることはできて
それなのに今の観光業のやり方を繰り返していくと
治安は悪化の一途、発展も期待薄になるのではないだろうか。

あー、やっぱりうまく伝えきれない。卒業までにこれは大きな課題になりそうです。

よろしかったらエイッっとクリックしてあげてください♪
↓↓↓↓↓

[PR]
by asiancrazy | 2004-12-20 02:21 | news
<< 年末年始はいかがおすごし? マッハ~~~~~!!!! >>